生活感のないキッチンの作り方

生活感を出さないキッチンの片づけ方

キッチンと生活感

生活感とはなんでしょうか。 人によって答えはさまざまかもしれませんが、「デザイン性を無視して表に出てしまったもの」というものではないかと考えられます。 特にこだわりなく投げ出されたものたち、これらの見た目を意図して変えることで、生活感を消すことができるかもしれません。

生活感が出るものは隠してしまえばいい

キッチン小物や調味料のすべてをスタイリッシュにできたらいいですが、それにはお金がかかってしまいます。 どうしても生活感が出るものは、収納の中に隠してしまえば見えなくなります。 使いやすさと生活感の除去を両立させる片づけテクニックをご紹介します。

キッチンに置くものを厳選する

生活感のあるものを買い替えるのは金銭的に難しくても、物を厳選して不要なものを処分することは比較的容易です。 キッチンにあるものは、めぐりめぐっていずれ口に触れます。 古くなって汚れてしまう前に整理し、少数精鋭のお気に入りのものをそろえたキッチンにしましょう。

調理器具やラベルを統一する

台所は昔、男性の目、つまり居間からは見えずに好き勝手にできることから「お勝手」と呼ばれていました。
しかし、現代の日本では、リビングダイニングと一体となったキッチンがほとんどで、最近ではキッチンが丸見えな「アイランドキッチン」と呼ばれるキッチンもメジャーになっています。

しかし、実際に日々料理を作っていると、モデルハウスのようなおしゃれなキッチンに近づけるのはなかなか難しいですよね。

ゴシック体の文字で宣伝文句が書かれている調味料、狭い作業台、食器棚からはみ出した統一感のないお皿、壁一面にかけられた調理道具。

「リビングは綺麗に保てても、キッチンだけはうまくいかない…」という方は多いと思います。
キッチンは狭いスペースの中にたくさんの道具がひしめきあっている上に、食材の入れ替わりが早いため物の定位置が決まりづらくなっています。
また、火を使う料理は時間との勝負なので、調理中は片づけに構っていられません。
そして、料理が終わった後に散らかったキッチンを見てげんなり、片付けが後回しになって溜まってしまうのです。

意外と見られているキッチン、どうにか生活感を出さずにすっきりさせたいもの。
そのためには、どのようにしたらいいのでしょうか。

キッチンの事情は、家族構成、料理の頻度、凝った料理をするかどうかなど、ご家庭によって異なると思います。
このサイトでは、生活感を出さずにキッチンをすっきりさせる方法をご説明していきますので、ご家庭でもできる部分から取り入れてみてはいかがでしょうか。

TOPへ