この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ

生活感が出るものは隠してしまえばいい

究極、全部隠してしまえばいい

暴論に聞こえるかもしれませんが、生活感の出ないキッチンにする手っ取り早い方法は、「生活感があふれるものは全て隠してしまえばいい」ということです。

プラスチックの米びつ、サイズも色もバラバラな食器、実家から持ってきた古い炊飯ジャー、焦げ付かないけど色が合わないフライパン、宣伝文句でごちゃごちゃしたレトルト食品。
なかなか、「全てスタイリッシュなものに買い替えます!」「食品はラベルがおしゃれなものしか買いません!」とはいきませんよね。

ですが、棚の中に全て納めてしまえば、関係ありません。
中には、「炊飯器も棚の中にしまって、使うときだけ出す」という方もいらっしゃるようです。
収納の中を有効活用し、なるべく納めてしまいましょう。

無地のボックスなどを有効活用

できれば、キッチンの表面だけでなく、棚のなかもすっきりと使いやすくしたいもの。

いくら表が綺麗なキッチンでも、扉を開ければ中はごちゃごちゃで物を取り出すのも一苦労では、本当の片づけとは言えません。

棚の中を整理する際には、無地のボックスが便利です。
たとえば、ファイルボックスにフライパンをおさめれば、縦の空間を無駄にせず、取り出すときも取っ手を持って簡単に出すことができます。
こまごまとした調理器具は、サイズや用途ごとに分けて、100均の仕切箱に入れると取り出しやすいです。
カラフルな食品は、ラベルをつけた浅い引出収納や、書類ケースに入れて保存すると見た目がすっきりし、何がどこにあるのか分かりやすくなります。


TOPへ