この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ

キッチンに置くものを厳選する

取っておいた食器を使う

新婚旅行で買ったグラス、引き出物でもらったお皿、奮発して買ったカップ。
「お客様用に取っておこう」「今使っているものが割れたらおろそう」と、何年もしまったままにしていませんか?
そして、食器棚に食器があふれているのに、使っているのは安物の特にこだわりのないものだったりしませんか?
これはとてももったいないことです。

食器があふれているなら、使いたい良いお皿を使って、思い入れのない食器を処分するのがおすすめです。
新婚旅行で買ったグラスも、もらった高価なお皿も、自分が欲しいと思って買ったカップも、手に入れたときに使うのが一番わくわくします。
ハナから飾る用途として買ったならまだしも、「割れたらもったいないから」と使わないのは少しおかしな話です。
いつ使い始めたとしても、使い始めてから割れるまでの時期が変わるわけではありません。

お気に入りの食器を使い、古い食器は処分しましょう。
食器棚も美しくなるはずです。

使ってない物は処分を検討

チーズフォンデュキットや、ホットサンドセットなど、流行に乗って買ったはいいものの、結局使っていないものはありませんか?

これらの物は、用途が限定されている上に、お手入れが大変なことが多いです。
型や付属品がたくさんついてきたり、使用頻度が低いために使用後は乾かして箱に戻したりと、場所も手間もとってしまいます。
おしゃれな雰囲気の道具でも、使っていなければ収納の邪魔になってキッチンを荒らします。

トースターや使い捨てのキットを使うなど、代用できるものもたくさんありますので、人に譲ったり売るなどして、手放してみてはいかがでしょうか。
使っていないおしゃれグッズを手放すことによって、皮肉にもキッチンがおしゃれに近づく、ということになるかもしれません。


TOPへ